レビトラがバイアグラよりも勝る部分

レビトラとバイアグラは共にED治療薬ですが、バイアグラは世界で最初にED治療薬として開発されたので、その名前を知っている人も多いのではないでしょうか。しかしながらバイアグラは使用する際には注意しなければならないことがいくつかあります。まず第一に挙げられるのは食事の影響を受けやすいということです。食事で何を食べたかの内容が問題なのではなく、食事をしてからの服用が問題になります。食事をしてから服用すると効果が半減したり効果の発言時間が遅れることがあるので、空腹時に服用することが基本です。どうしても食事をしてから効果を得たい場合は食前に服用し、バイアグラの成分を身体に吸収させ30分以上経過してから服用すると良いでしょう。またアルコールも摂りすぎると効果を感じることが出来ないので注意が必要です。他にも糖尿病の人が服用する場合は効果を得られない可能性もあります。
ではレビトラとバイアグラの違いはどこにあるのでしょうか。それは食事の影響を受けにくいことです。つまりは食事の後にレビトラを服用しても効果を実感することが出来るのです。空腹時だと薬の吸収が良いので、空腹時の方が効果を早く感じることが出来ますが、食事の後に効果を得られるということは生活リズムにもなじみやすいという利点があります。また糖尿病の人にもレビトラだと効果があった、バイアグラで効果を感じなかった人でレビトラだと効果を感じた人もいたというデータもあるようです。
バイアグラは世の中にED治療薬として最初に貢献した大きな働きがあります。しかしながらその働きにはまだ改善の余地がありました。レビトラはそのような改善を施したED治療薬と言えるでしょう。

ページトップへ