レビトラの語源とは

レビトラはバイアグラと同様にED治療薬の1つで、食後に服用しても良いことや副作用の少なさ、高い効力等の理由により、人気があります。レビトラはLEVITRAと表記され、LEはフランス語で男性、VITRAはラテン語で生命という意味を持ちます。2つの国の言葉を合わせ、男性の生命、という意味になっています。生命を生み出す性行為と、男性の命ともいえる男性期の向上を目指したED治療薬としてその名前が付きました。そしてその願いは世界に通じ、多くの国で処方、服用されており、日本も例外ではありません。特にバイアグラで効果を感じなかった人や糖尿病の人等、EDで悩む人が使用していることも事実です。
レビトラは医療機関でも処方されますが、1錠の値段が高いことが原因でインターネットなどを利用して通販で購入したり、ジェネリックも同様に購入する人もいます。それが全て悪いとは言えませんが、何か病気のために他の薬を服用している人や他の薬を服用した際に副作用が出たことのある人等は、医療機関でレビトラに関する使用上の注意や説明を受ける方が安全と言えます。そうでない人も、初めて使用する場合は医療機関でカウンセリングや説明を受けた方が安心できるでしょう。
通信販売を利用すれば医療機関よりも安く、ジェネリック医薬品なら更に安く購入することも出来ます。しかしその際は安心して購入できるお店なのか、こちらの質問に丁寧に答えてくれるお店なのか、レビトラなどの質の悪いED治療薬を販売していないかなどを見極めてから購入することをお勧めします。せっかく生命の向上を目指した薬なのですから、自己責任などで片付けず、プロの意見を取り入れることも有効な手段なのではないでしょうか。

■レビトラの通販サイト
レビトラを通販で安く購入
■専門医から最適な診断を受けましょう
EDを治療しよう
■この成分が含まれているお薬を選びましょう
バルデナフィルで勃起の悩み解決
■長く効果を持続
タダリス

ページトップへ